16  上福天神 (じょうふくてんじん) ≪ 不明 ≫
 菅原道真公を祭神とする神社。「天神さん」とも呼ばれる。
 参道入口に建つ鳥居は、文化十三年六月吉祥日( 1816年)の銘がある。
 境内には、地神や山神・庚申などの石碑が数多く祀られている。(本来は町並みの中にあった石碑も移転されている)
 7月23日には「お天神さん」祭りの行事が、地区の人達により行われている。
▲ 頂上の本殿
 ・お参りをしようと本殿の中を見回すと、菅原道真公のシンボルマークであるピンク色の「梅の紋」が目に入る。

▲ 参道入口の鳥居
 ・1816年(文化13年)
 ・石工:筒井与次兵近衛・同庄助
 ・寄進:塩田中・上福中・明園原中・一盃水中
 ・特徴:折衷鳥居

▲ 本殿から奥は、一段上の石祠へと繋がっている
本殿の石祠
 ・寄進:谷口友太郎・宮崎達次郎・光武徳兵衛 など
下のボタンをクリックすると「このウィンドウを閉じますか?」というメッセージが表示されます。
「は い」を選択することで 『塩田津マップ』へ戻ります。